”合う”

数ある庖丁の中で、あなたと出会う逸品がここにはある。